DSS INC.
事務コン導入事例
○○商会 様 (楽器卸売・小売業)

■時代の変化に従い
 大正8年(1919)に、蓄音機の販売・修理会社から創業した同社は、SPレコード店、楽器店へと時代の移り変わりとともに業態を変え、現在はウクレレの製造・販売を行っています。

■業務拡大による事務処理の多様化
 従来より取引のある楽器店への卸業務に加え、ショールームの開設によって一般顧客への直売、さらにインターネット上でのオンライン販売も開始。
 扱う商品は同じでも、卸部門とシュールームでは単価も相手先も異なるため、SJ-5500をサーバーとし卸部門で使用。ショールームでは、東芝デスクトップPCと沖データ 小型水平ドットインパクトプリンター MICROLINE 5350SU-R の構成で伝票発行や送り状発行を行っている。

□機器構成
SJ-5500 × 1
事務コンStepLAN XP(東芝EQUIUM) × 1
Oki Data MICROLINE 5650SU-R × 1

○企業情報
創業:大正08年
設立:昭和26年02月
資本金:1000万円
従業員数:6人
売上高:3.9億円(平成20年01月期)
事業内容:楽器卸売・小売業



有限会社ディーエスエス DSS Inc. All Rights Reserved.